組み合わせが楽しい

見せる収納という言葉がありますが、例えば本棚だと表に雑誌がかざれるもので、大きさが何種類かあるので組み合わを考えるのが面白いです。
間仕切り代わりにしたり、他のインテリアと並べてみたりします。
最近DIYで内装に凝るひとが増えているらしく、収納家具も自分の好みで既製品にないカラーや柄にすることもできます。
新たに買うよりリフォームして長く使うほうが経済的ですね。
収納家具もいろんなものがお洒落になっているのでお店やカタログで見るだけでも楽しくなります。
ただ部屋に家具をいっぱい置いてしまうと狭くなってしまいますので、できるだけクローゼットの中や隙間の有効活用に使いたいです。
クローゼットの収納は組み合わせが自由に変えられるものがいいです。
季節毎に入替えることを考えると作りつけのものに収まるサイズで、取り出しやすいものを揃えるようにします。
隙間収納は幅の長さ調整ができるものが多いので、模様替えにもある程度対応できて便利です。

お部屋に合わせて

お部屋のイメージを変える時や、新しい所に引っ越した時は、新しい収納家具を選ぶのも楽しいものです。
また、愛着があっても、古くなってしまった家具とさよならして、新たな家具を揃えるのも、気分をかえるのに役立ちます。
結構サイズを測るのが大変と思っておられる方も多いですが、売ってる家具類は全部サイズが書いてありますので、自分の部屋に置けるサイズをさっと測っておけば、そのサイズの家具が多いことに気づかれると思います。
その中でも、好みのものは結構選べるはずです。
それが1つの家具屋だけでもです。
私は、最初に部屋のイメージに合ったカラーを選びます。
でも、木の温もりも好きなので、迷うこともしばしばです。
モダンな家具がお安く手に入ることが多くなっていますので、予算はそんなに多くなく済むかもしれません。
それでいて使い勝手が良い物も最近は多いと思います。
お部屋のバランスに合っているかも見たいところです。
それで、収納しやすい、多く収納できる家具はぜひ手に入れたいと思います。